T細胞ELISPOTアッセイキット ImmunoSpot Kit

C.T.L.社はELISPOTアッセイのパイオニア的存在で、世界で初めて今日の免疫モニタリング手法として耐えうるアッセイ法を確立し(Science, 1996, 271:1728-30)、科学的に正当性を立証されたT細胞診断ツールとしてELISPOTアッセイ利用の基礎を紹介しています(J. Immunol., 2002, 168:545-53)。

このC.T.L.社の豊富な知見に基づいたImmunoSpotキットは唯一、ELISPOTアッセイに必要なプレート、アッセイ培地、検出抗体、発色試薬まで揃うALL-in-Oneのキットです

CTL社のELISPOT、FluoroSpotキットをご購入いただいたお客様で、アナライザーがご利用いただけない場合に、弊社でプレートをスキャンし結果をお返しする解析受託サービスをご提供しております。

ELISPOTアッセイの概要

ELISPOTは免疫モニタリングの手法として理想的なアッセイです。
CTL社の ELISPOT Kitを使用することで、様々なラボに所属する初めてELISPOTを行うユーザーが、ELISPOTアッセイを実行する1回目の試みで正確なデータを取得することができました。(Zhang et al., J. Immunotoxicology, 2009, 6:227)

他の手法と比較したELISPOTアッセイの利点

卓越した感度
vs ELISA、CBA(サイトカインビーズアレイ)

ELISPOTアッセイは、細胞を取り巻く直近の細胞環境で 刺激されたT細胞から放出されたサイトカイン(またはB細胞 ELISPOTの抗体)を検出します。 T細胞は、アッセイ中に キャプチャー用抗体でコーティングされた膜上で培養され、 抗原またはポリクローナルマイトジェンを介して刺激すると、 T細胞はサイトカインを放出し、その時点でサイトカインはキャプチャー抗体に結合します。したがってELISPOTアッセイは、サイトカインが培地で希釈されてしまう、または分解されてしまう恐れのあるELISAやサイトカインビーズアレイ(CBA)などの間接的なアッセイよりもはるかに高い感度で、放出されたサイトカインを測定できます。

vs フローサイトメトリー/ICS(細胞内サイトカイン染色)

ELISPOTアッセイはフローサイトメトリーを使用した細胞内サイトカイン染色(intracellular cytokine staining:ICS)よりも桁違いに高感度です。ICSでは細胞内にサイトカインを留めて検出する必要があり、そのための処理でダメージを受けた細胞を使用して行われます。したがって、ICSで検出されるサイトカインは必ずしも生理活性に関連があるわけではありません。

CTLが提供するELISPOTアッセイプラットフォームであるImmunoSpotアッセイでは、PBMCを使用して0.0001%という低い頻度で抗原特異的T細胞を検出できます。つまり、100万個の近傍に存在するバイスタンダー細胞から単一のサイトカイン分泌T細胞を検出可能です。

サイトカイン検出を目的としたenzyme-linked immunosorbent spot assay(ELISPOT)の原理

(A) ウェル底面がPVDFメンブレンとなっているELISPOT用プレートにキャプチャー抗体をコートします。

(B) 単離した細胞または解凍した細胞を抗原と共にインキュベートすることで抗原特異的T細胞を活性化し、サイトカイン分泌が誘導されます。

(C) 細胞は取り除かれ、サイトカインが結合した抗体のみがウェル上に残ります。

(D) 検出用抗体を添加し検出します。この図では検出用抗体に直接酵素がラベルされています。検出はストレプトアビジン-ビオチン系を使用し間接的に検出することも可能です。

(E) 発色基質を添加することでキャプチャーされたサイトカインがスポットとして発色されます。

CTL ImmunoSpotプラットフォーム

ELISPOTアッセイは新しく単離されたfresh PBMC、または 最適化されたプロトコールに従って凍結保存後、溶解したPBMCを使って行うことができます。 CTL社が提供するImmunoSpot®キットに加えて、CTLは抗原と共に、その抗原に対する反応性が定義されたPBMCをセットにした ePBMC® Reference Sample QC Setをご用意しております。このようなリファレンスサンプルはアッセイの開発および検証に不可欠です。

クリックでさらに表示

ImmunoSpotキットには96ウェルPVDFプレートにサイトカイン特異的キャプチャー抗体(例えばanti-IFNγ)が既にコーティングされたプレコートキットとユーザー自身で抗体をコートするキットがあります。PBMC(または抗原提示細胞を含む単離T細胞)は、事前にコーティングされたウェルに添加され、抗原と共に培養されます。ネガティブコントロールウェルには、無関係の抗原または培地のみを添加します。ポジティブコントロールとして、CD8細胞を刺激するCEFペプチドやCD4細胞を活性化する不活化CMVウイルス、両T細胞サブセットを刺激するためのPHAを抗原として添加します。

ELISPOTアッセイで最良の結果を得るためには、サイトカイン(またはほかの分泌物)産生に必要な期間、細胞と抗原を培養する必要があります。最適な培養時間はサイトカインの種類によって異なり、例えばIFN-γ分泌には24時間が最適です。活性化培養の後、細胞はプレートから除去され、さらなる特性評価などのために再利用することが可能です。次にサイトカイン特異的検出抗体を添加し、プレートに結合した検出抗体を酵素反応または蛍光で可視化します。ImmunoSpotアッセイは単一細胞の分泌活性のフットプリントを色素の「スポット」で検出および最適化できるように最適化されています。したがってスポット数は、培養した細胞中の抗原特異的T細胞の正確な頻度を示しています。さらにスポットサイズと形態は、細胞の分泌活性の大きさと動態に関する追加情報を提供します。

CTL社 ELISPOTキット(ImmunoSpot kit)特徴

エラーとばらつきの排除


◆クリアな発色基質
NBTに比べクリアな発色のCTL-BlueとCTL-Redを発色基質として使用しており、NBT発色のように青色が紫色になることがありません。蛍光を使用することなく、発色のダブルカラーアッセイで、マルチファンクショナル細胞をそれ以外と明確に区別できます。(上の図)
◆効率化されたプロトコール
従来法や他社キットと比較し、以下の工程が省かれています。
-エタノール使用のプレウエットと洗いのステップ
-ブロッキングと洗いのステップ
◆プレコートキットもご用意
より工程数が少なく均一性も高い、キャプチャー抗体をプレコート済みの製品も用意しています。
◆固定された発色時間
プロトコールで発色時間を規定しており、目視で発色時間の調整が不要のため、オペレーターの主観が入ることを排除します。
◆培地も含むコンプリートキット
非特異的な反応の増強/抑制の発生頻度を最小化するように最適化されています。血清入り培地はロット間差があるため試験結果の信頼性が損なわれる可能性があり、標準化された代替培地としてCTL-TEST Mediumがキットに含まれています。

高い利便性

◆96ウエルプレートのほかに、8ウエルずつ利用できるストリップタイププレートのキットも用意しています。FAQページ"一度に96wellもアッセイする必要が無いのですが。"も併せてご覧ください。
◆ヒト用キットには、カニクイザル、アカゲザルと交差性のあるキットもあります。
FluoroSpotキットでは、最大4ターゲット検出のキットを用意しています。

製品ラインナップ

ダブルカラー発色ELISPOTキット、2カラー以上のFluoroSpotキットについては
マルチプレックスELISPOT/FluoroSpotキットのページをご覧ください。

発色シングルカラー

製品名、型番からお探しの場合はT細胞キットトータル価格表をご覧ください。
発色ダブルカラーキットはこちらからご覧ください。

下の表の各製品をクリックするとCTL社製品ページに移動します。
         
価格表
ヒト・サル/SCE
価格表
マウス/SCE
ヒト/Human カニクイザル/Cynomolgus アカゲザル/Rhesus マウス/Mouse ラット/Rat ブタ/Pig
IFN-γ
IL-2
IL-4
IL-5
IL-6
IL-10
IL-12
IL-13
IL-17
IL-21
×
×
IL-22
×
×
TNF-α
Granzyme B
×
×
Perforin
GM-CSF
カニクイザル、アカゲザルはヒト用キットとの交差性を確認したものです。〇:Good、△:Medium、×:Poor

シングルカラーFluoroSpot

製品名、型番からお探しの場合は価格表をご覧ください。
蛍光マルチカラーキットはこちらからご覧ください。

下の表の各製品をクリックするとCTL社製品ページに移動します。
     
価格表
ヒト・サル/SCF
価格表
マウス/SCF
T細胞蛍光シングルカラー ヒト/Human カニクイザル/Cynomolgus アカゲザル/Rhesus マウス/Mouse ラット/Rat ブタ/Pig
IFN-γ
IL-2
IL-4
IL-5
IL-6
IL-10
IL-12
IL-13
IL-17
IL-21
×
×
IL-22
×
×
TMF-α
Granzyme B
×
×
Perforin
GM-CSF
カニクイザル、アカゲザルはヒト用キットとの交差性を確認したものです。〇:Good、△:Medium、×:Poor

キット構成

構成品 内容 内容量
PVDFメンブレンプレート 96wellホワイトプレートまたは8wellストリッププレート 2枚、5枚、10枚のいずれか
CTL TEST Medium 無血清培地 100mL/2枚入り、100mL×2本/5枚入り、500mL/10枚入り
キャプチャー抗体 プレコートプレートの場合は添付無し キット内容による
検出用抗体 ビオチンまたはFITCラベル抗体 キット内容による
標識済みターシャリー ストレプトアビジン-AP、抗FITC抗体-HRP、蛍光標識ストレプトアビジン、蛍光標識抗FITC抗体のいずれか キット内容による
発色基質 CTL-TrueBlue、CTL-TrueRed、BCIPより選択可(発色キットのみ) キット内容による
基質希釈液 発色キットのみ添付 キット内容による
プロトコール

法規制等

              
製品群  毒劇  化管法
(第1種指定)
化管法
(第2種指定)
労働安全衛生法 日本語SDS
【非プレコート-human】
T cell 発色シングルカラー Kit
該当/毒
チメロサール
- - 該当
メタノール
【非プレコート-human以外】
【プレコート-全種】
T cell 発色シングルカラー Kit
- - - 該当
メタノール
【非プレコート-human】
T cell 蛍光シングルカラー Kit
該当/毒
(チメロサール)
- - -
【非プレコート-human以外】
【プレコート-全種】
T cell 蛍光シングルカラー Kit
- - - - -

型番からプレーコートの有無や動物種を知る方法については、FAQsをご覧ください。
CTL社 ImmunoSpot Kitはすべてカルタヘナ非該当です。

関連製品

ELISPOT解析受託サービス
ELISPOTアナライザー
B細胞ELISPOTキット
マルチプレックスELISPOT/FluoroSpotキット
ヒト末梢血単核球(PBMC)
抗原とポジティブコントロール
C.T.L社無血清培地と各種試薬

プロトコール

アプリケーションノート