B細胞ELISPOTアッセイキット ImmunoSpot Kit

C.T.L.社のB細胞ELISPOTアッセイキットは、抗原特異的IgG産生細胞検出用に加え、4種類のIgクラス産生細胞検出用とIgGサブクラス産生細胞検出用を揃えています。検出法に発色(Enzymatic)と蛍光(FluoroSpot)が選択可能で、2ターゲット以上の検出にも対応しています。FluoroSpotでは最大4種類の免疫グロブリン産生細胞の存在を同時検出できるキットがあります。マルチターゲットキットについて詳細は こちらをご覧ください。
C.T.L.社のB細胞ELISPOTアッセイキットは、アッセイに必要なプレート、アッセイ培地、検出抗体、発色試薬に加え、メモリーB細胞を活性化するアクチベーターまで含んだトータルで揃う唯一のキットです。
CTL社のELISPOT、FluoroSpotキットをご購入いただいたお客様で、アナライザーがご利用いただけない場合に、弊社でプレートをスキャンし結果をお返しする解析受託サービスをご提供しております。

B Cell ELISPOT Assayの概要

1983年にセシル・チェルキンスキーによって免疫グロブリン分泌B細胞を検出するために開発されたELISPOT技術は、単一クラスの免疫グロブリンをモニターするための非常に感度の高いツールです。

免疫グロブリン(Ig)分泌B細胞の分類
単独でのIg 分泌*1 ポリクローナル性刺激下におけるIg分泌*2
抗原特異性が不明 In vivo ISC In vitro ISC
抗原特異性が特定されている In vivo ASC In vitro ASC
*1 少なくとも12日前からhuman stimulationにさらされているプラズマ芽球
*2 少なくとも4日間はポリクローナル性刺激を受けているメモリーB細胞

in vivo ISC/ASC

リンパ芽球腫/プラズマ芽球の状態で循環しているB細胞は、In vivoで抗原に遭遇後5-10日経過したときのみ、抗体を分泌できます。このような、In vivoで活性化された抗体分泌細胞は、プレートに播種してB cell ELISPOTとして測定することができます。

in vitro ISC/ASC

休止期のメモリーB細胞は、事前にin vitroの系でmitogenを使ってポリクローナルな刺激を与えることで抗体分泌をB cell ELISPOTとして検出できるようになります。CTL社B細胞ELISPOT kitに含まれるB-Poly-S™試薬は、ヒトB細胞に最適なポリクローナル刺激を与えます。

トータルIg検出/抗原特異的検出(ISC/ASC)

本キットでは、キャプチャー抗体としてIg特異的抗体が添付されており、プレート底のメンブレンに固定されます。B細胞が放出する抗体は、クラス、サブクラス、もしくは抗原特異性とは無関係にこのキャプチャー抗体によって結合されます。一方で抗原特異的なIg産生細胞の検出(In vivo/vitro ASC)には、メンブレンをIg Capture Antibodyではなく、抗原そのものでコーティングします。本メソッドの活用によって、In vivo/vitro ASCから放出された抗原特異的な抗体のみが、メンブレンと結合した抗原と結合します。このような抗原と結合した状態の抗原特異的な抗体は、In vivo/vitro ISCと同じ手順で検出できます。抗原のコーティング条件は、それぞれの抗原によって最適化してやる必要があります。CTL社では、様々な抗原をコーティングする際の最適なコンディションについて、サポートする体制を整えています。詳しくはお問い合わせください。

マルチプレックスの利点

また、シングルターゲットアッセイでは、複数のIgクラス/サブクラスの包括的な研究が難しくなり、追加の細胞材料、抗原、および労力が必要になります。 デュアルカラーB細胞FluoroSpotアッセイが利用可能になったため、IgクラスまたはIgGサブクラスの異なる組み合わせの検出を同時に促進することで、抗原刺激に対するB細胞応答の機能性に関する適切な洞察を得る能力が大幅に拡大しました。

アッセイの原理

IgGを分泌するB細胞を検出する原理は、下の模式図の通りです。紺色で表記されているAnti-human Ig Capture Antibodyでメンブレンはコーティングされています。B細胞が放出する抗体(下図のグレー部分)は、クラス、サブクラス、もしくは抗原特異性とは無関係に、メンブレンと結合したAnti-human Ig Capture Antibodyと直接結合します。キャプチャーされたIgGは、ビオチン標識されたAnti-human IgG Antibody(図の水色)とStreptavidin-Alkaline Phosphatase(Strep-AP)、3つの副次成分(S1,S2,S3)を含む基質を添加する事によって、青色の沈殿“=スポット“を生じて検出されます。

製品ラインナップ

ダブルカラー発色ELISPOTキット、2カラー以上のFluoroSpotキットについては
マルチプレックスELISPOT/FluoroSpotキットのページをご覧ください。

Single Color Enzymatic

製品名、型番からお探しの場合はB細胞ELISPOT価格表をご覧ください。
ダブルカラー発色ELISPOTキット、2カラー以上のFluoroSpotキットについてはこちらのページをご覧ください。
下の表の各製品をクリックするとCTL社製品ページに移動します。
     
価格表
ヒト・サル/SCE
価格表
マウス/SCE
ヒト/Human ヒト以外の霊長類/NHP マウス/Mouse ブタ/Pig
IgG
IgA
IgM
IgE
IgG1
IgG2
IgG3
IgG4
IgG2a
IgG2b
IgG3

キット構成

◆ B-Poly-S
単独で購入可能です。(ページ下)
◆ PVDFメンブレンプレート
◆ Igキャプチャー抗体
◆ Biotinラベル検出抗体
◆ Strep-AP
◆ 基質と希釈液
◆ プロトコール

ポリクローナルB Cell Activator

B細胞ELISPOTおよびFluoroSpotアッセイでは、ほとんどのin vitro ASC測定(CTLヒトB-Poly-S™およびCTLマウスB-Poly-S™使用)には4日間の前刺激培養が推奨され、ヒトIgE(CTLヒト B-Poly-SE™使用)には、7日間の全刺激培養が推奨されます。
B-Poly-SはCTL社B細胞ELISPOTおよびFluoroSpotキットに添付されています。

製品詳細

CTL Human B-Poly-S™とCTL Mouse B-Poly-S™はどちらも、Resiquimodとそれぞれ組換えHuman IL-2または組換えMouse IL-2を含むストック溶液で、メモリーB細胞のポリクローナル刺激に使用されます。

CTL Human B-Poly-SE™は、IgE分泌メモリーB細胞を生成するために使用される組換えHuman IL-4および抗CD40を含むストック溶液です。

内容量

CTL B-Poly-S™ 1本には4,000,000 cells/mLの細胞を320,000,000 cells刺激するために十分な量が入っています。

製品濃度

CTL B-Poly-S™ (Human and Mouse) — 1,000x

使用例:10μl B-poly-Sを10ml CTL-TEST B Mediumで希釈

CTL B-Poly-S™ (IgE) — 200x

価格表
製品名 カタログ番号 希望小売価格
(税別)
CTL Human B-Poly-S 80μl (Stimulation for IgM, IgG, IgA) CTL-hBPOLYS-200 ¥17,000
CTL Human B-Poly-S 80μl (Stimulation for IgE) CTL-hBPOLYSE-200 ¥17,000
CTL Mouse B-Poly-S 80μl CTL-mBPOLYS-200 ¥17,000

関連情報

ELISPOT解析受託サービス
T細胞ELISPOTキット
ELISPOTアナライザー
マルチプレックスELISPOT/FluoroSpotキット
ヒト末梢血単核球(PBMC)
抗原とポジティブコントロール
C.T.L社無血清培地と各種試薬

法規制等

 
製品群  毒劇  化管法
(第1種指定)
化管法
(第2種指定)
労働安全衛生法 日本語SDS
B cell 発色 Kit- - - 該当
メタノール
CTL-hBPOLYS-200
CTL-hBPOLYSE-200
CTL-mBPOLYS-200
- - - - -

CTL社 ImmunoSpot Kitはすべてカルタヘナ非該当です。

プロトコール

アプリケーションノート