ミックスモード抗体精製レジン Fastback MabPure Mixed mode DUO HCP Removal Resin

SECとIEXの機能を併せ持つMixed-modeレジン
ターゲットのロスも少ない穏やかな条件での抗体精製が可能

製品特徴

Fastback MabPure Mixed Mode DUO HCP Removal Resinは、SECとIEXの機能を併せ持つMixed-modeレジンです。精製産物のロスを抑えた穏やかな条件での抗体精製が可能です。

アプリケーション

抗体精製の様々なシーンで活用できます
◇ アフィニティー精製(例:Protein A & G)した次段階の精製に
◇ イオン交換精製後の次段階の精製に
◇ クルードな抗体試料から不純物を直接除去
◇ 抗体の修飾反応後の精製に

         
関連製品


Protein A/Gレジン
S/Q IEXレジン

オペレーション

市販の空カラムへ充填することで精製することが可能です。
カラムパッキングについて詳細はデータシートをご覧ください。
    
関連製品
エンプティカラム

Proteus FliQ Columns

精製原理

Fastback MabPure Mixed Mode DUO HCP Removal Resinは、不活性なサイズ排除アウトレイヤーでコーティングされた新しいミックスモードクロマトグラフィーレジンのシリーズです。
このレジンは、宿主細胞タンパク質や分子量150KDa未満のその他の分子を選択的に除去するように設計されています。特に、モノクローナル抗体や150KDa以上のタンパク質のフロースルー精製に適しています。

MabPure Mixed mode DUO HCP Removal Resinの模式図
独自の二層構造をもつアガロースビーズ(図参照)
外殻:厳密に孔径制御された、サイズ排除機能
内部:イオン交換リガンドによる吸着機能

基本仕様

 
マトリックス Cross-linked polysaccharide composite
粒子径 20~200 µm
耐圧 3 barまで
pH安定性 2~14 (2時間以内)、3~12 (長期)
保存条件 20% エタノール、4℃

レジンの種類
   
リガンドの特性 外殻のカットオフサイズ レジンタイプ 一般的な使用条件
アニオンリガンド 150 kDa MabPure Mixed Mode DUO 150A pH範囲: 6~8
塩濃度:0.1M-0.3M
カチオンリガンド MabPure Mixed Mode DUO 150C pH範囲: 3.5~5
塩濃度:0.1M-0.3M

価格表

お問い合わせください。

法規制

      
製品名, 品番  毒劇  化管法
(第1種指定)
化管法
(第2種指定)
労働安全衛生法化審法 SDS
Fastback MabPure Mixed mode DUO HCP Removal Resin - - - 該当(エタノール) 該当(エタノール) 日本語SDS準備中

プロトコール