新型コロナウイルス抗原検査キット COVID-19 Antigen Test kit

BioServ UK社のCOVID-19抗原(Ag)検査キットは信頼性の高いタイムリーな検査を可能にします。
抗原検査はPCR検査と同様に新型コロナウイルス感染を検出方法として使用され、感染後48時間で、症状が現れる前でもウイルス成分を検出できます。抗原検査は、特別な設備を必要とせず定性的な結果を15分以内に得られます。

【はじめにお読みください】
・本製品は法人および団体様での使用を前提として、当社代理店網を通じた販売に限定しております。個人のお客様向けには販売しておりません。
・本製品は、医薬品医療機器等法に定められた体外診断用医薬品ではなく、疫学調査等のための試験研究を目的とするものであり、新型コロナウイルス感染症の診断を行うことを目的とするものではありません。
・掲載中の抗原検査キットの検査精度は100%ではありません。
・ご購入済みの本製品についてのお問い合わせを頂く際は、「ご所属の会社名または団体名」をお知らせの上、製品のロット番号をご用意の上お問い合わせください。ロット番号はキットの個包装パッケージに記載されております。

抗体(IgM/IgG)検査キットはこちら

New! COVID-19 鼻腔ぬぐい液抗原検査キット

2022/1/28 新規掲載しました。

Healgen Rapid COVID-19 Antigen Self-Test

Healgen Rapid COVID-19 Antigen Self-Testは、個人から直接採取した鼻腔スワブ検体中のSARS-CoV-2のヌクレオキャプシド蛋白抗原を定性的に検出します。この抗原検査は、オミクロン株 (B.1.1.529), オミクロン株亜種(BA.2; 通称ステルスオミクロン), デルタ株(B.1.617.2), アルファ株 (B.1.1.7), ベータ株 (B.1.351) , ガンマ株(P.1) など、野生型および懸念される変異型の検出に使用可能です。

特徴

◆ 検体採取は鼻腔内に約2cm綿棒を挿入し、ぬぐうだけの低侵襲テストです
◆ 感度:97.25%
◆ 特異性:100%
◆ 所要時間15分

キット内容

以下の内容が1梱包になっており、1製品に20セット含まれています。
〈1梱包〉
• テストカセット(パウチ入り)
 Test Cassettes: 1
• 滅菌済みスワブ(綿棒)
 Sterile Swabs: 1
• 抽出用チューブ(バッファー入り)
 Extraction Tubes: 1
• ドロッパーチップ
 Dropper Tips: 1
• 添付書類
 Package Insert: 1

※製品外箱を使用しますのでテストが終了するまで保管してください。

ご用意いただくもの

タイマー、ストップウォッチおよび使用済みテストキットを廃棄するためのゴミ袋

使用方法

検体採取
1. 片方の鼻腔に綿棒を挿入します。綿棒の綿球が完全に見えなくなるように2~4cm、挿入します。(奥に入れすぎないようにしてください。)
2. 鼻腔内の粘膜に沿って綿棒を5回転がします。
3. 同じ綿棒を使用して、もう片方の鼻腔でもこのプロセスを繰り返します。
4. 鼻腔から綿棒を引き抜きます。

検体調製
1. 抽出用チューブをキットの外箱の穴に挿します。
2. 抽出用チューブのシールフィルムを中の液体がこぼれないように静かに剥がします。
3. 綿棒の先端を抽出用チューブ内のバッファーに浸します。綿棒の先端をチューブの底と側面に押し当てながら6回以上転がします。
4. 綿棒を採取チューブの中で1分間放置します。その後チューブを外側から揉み、綿棒から検体をしぼりだすようにします。
5. 綿棒を取り出します。
6. ドロッパーチップをチューブに取り付けます。

テスト
1. テストカセットをパウチから取り出し、清潔な机の上にのせます。

2. 採取チューブの中のサンプルを4滴、テストカセットのサンプルウェルに滴下します。

3. 15分後、結果を読み取ります。


結果の解釈

簡易日本語ガイド
こちらからダウンロードできます。

PCRと比較した検証結果

合計237のスワブサンプルが採取され、その内109の陽性サンプルと128の陰性サンプルが検査されました。本キットの結果は、鼻咽頭スワブ検体におけるSARS-CoV-2のUS FDA緊急使用認可RT-PCRアッセイの結果と比較されました。
全体的な試験結果を表に示します。

手法 PCR 全結果
Healgen Rapid COVID-19 Antigen Self-Test 結果       陽性 陰性
陽性 106 0 106
陰性 3 128 131
全結果 109 128 237

価格

      
カタログ番号 製品名 保存温度 入数 希望小売価格
(税別)
在庫状況
BSV-GCCOV-502a-H1* Healgen Rapid COVID-19 Antigen Self-Test 室温 20テスト \18,000 あり・30個以上
*電話でのお問い合わせの際には、抗原検査キット「502a-H1」とお伝えください。
※本製品は研究用です。研究用途以外には使用できません。

カタログ
こちらよりご覧いただけます。

Rapid Response COVID-19 唾液抗原検査キット ※販売終了


Rapid Response COVID-19 唾液抗原検査キット(BSV-COV-2C25B)は在庫分を完売のため販売終了しました。(2022/1/31)

製品概要

Rapid Response COVID-19 唾液抗原検査キットは、口腔液中の SARS-CoV-2 ウイルス核(N)タンパク質抗原を定性的に検出するためのイムノクロマトキットです。
このキットはNタンパク質を検出するため、スパイクタンパク質の変異株抗原も検出可能です。

オミクロン株(B.1.1.529)の検出について検証済みです。本キットの検出感度はオミクロン株と野生型で類似していました。
リンク先資料について:"BTNX Inc.,"は製造元の会社名です。型番"COV-2C25B"が示す製品はBSV-COV-COV-2C25Bと同じです。

デモビデオ

仕様

サンプルタイプ:口腔液 / 唾液
感度:95%
特異性:100%
精度:99.5%
所要時間:10分以内
製造国:カナダ

キット内容

– Test カセット 25個 (個包装)
– コレクションチューブ 25個
– 300μL入り抽出試薬チューブ 25個
– 唾液採集ツール 25個
– 使い捨てピペット 25個
– クイックガイド 1枚
– チューブ立て 1個

使用前のご注意

◆検査前30分は、飲食、喫煙、歯磨きを避けて下さい。
◆ キットが個包装されているパウチの袋に破損がある場合や、袋の開封時期が不明なものは使用しないでください。

使用方法

1)コレクションチューブのキャップを緩めます。
2)唾液採取ツールをコレクションチューブにセットします。
3)唇に近づけて、チューブに口腔液を流入させます。口腔液の量は、2本の黒い線の間(約150~300μl)でなければなりません。
4)軽くチューブを振りながら口腔液をチューブに流し入れます。
5)チューブのタブをひねり、抽出試薬の容器を準備します。
6)コレクションチューブに全量の抽出バッファー(約300μl)を加えます。
7-8)コレクションチューブのキャップをねじ込み、完全に密閉します。チューブを激しく振って口腔液と抽出バッファーを混合します。
9)コレクションチューブを直立させ、キャップを開け、チューブから3滴の検体(約80μl)をテストカセットの検体ウェル(S)に滴下しタイマーをスタートさせます。検体ウェルに気泡が入らないようにしてください。10分後に結果を読み取ります。

価格

カタログ番号 製品名 保存温度 入数 希望小売価格
(税別)
BSV-COV-2C25B Rapid ResponseTM COVID-19
Saliva Rapid Antigen Test
室温 25テスト 販売終了(2022/1/31)

※本製品は研究用です。研究用途以外には使用できません。

ペン型COVID-19 唾液抗原検査キット ※販売終了

ペン型COVID-19 唾液抗原検査キット(BSV-COV-2PEN)は在庫分を完売のため販売終了しました。(2022/1/27)

使用方法動画

ご使用前に必ずお読みください

検査前30分は、飲食、喫煙、歯磨きを避けて下さい。
◆ キットが個包装されているパウチの袋に破損がある場合や、袋の開封時期が不明なものは使用しないでください。

使用方法

使用する前に、キットを室温(18〜30°C)にしてください。

準備【1】- 唾液採取ペンと抽出バッファーキャップをパッケージから取り出します。 必要に応じて唾液採取ペンに検査対象者のラベルを付けます。

準備【2】- 口を閉じて4回、深い咳をします。

1. 唾液採取ペンの先端からスワブカバーを取り外します。

2. 唾液採取ペンを舌の上に置きます。 2分間そのままにします。

3. 口から唾液採取ペンを取り出します。 唾液採取ペンを垂直に持ち、抽出バッファーキャップに入れます。 キャップを押し下げて抽出バッファーキャップのシールを破ると、バッファー溶液が放出されます。

4. 手順3. でシールを破った直後にタイマーを開始します。 15分で結果を読み取ります。

結果の解釈

取り扱い説明書(日本語簡易版)
簡易説明書はこちらからご覧いただけます。

プロトコール

アプリケーションノート